膨らみをさわったときの硬さや、患部の周りの動かしやすさ、膨らみが周りと分離して動くかどうかなどが判断材料になります。
経過面での違いとしては、大きくなるのが早いものや痛みをともなうものには悪性のものが比較的多いです。

一定の知見がないと、見た目だけで判断するのは難しいため、専門医の受診をおすすめします。