10〜20代で発症するケースが多く、子どもが発症することもあります。
原因の一つとして遺伝子が関係しているとも言われており、同じような病気を持つ血縁者がいる人が発症しやすい傾向にあります。
また、女性よりも男性のほうが患者数が多いことが報告されています。
その他、喫煙の習慣がある人がかかりやすいとも言われています。