ubie logo

「クローン病」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子 先生

消化管の粘膜がただれたり、潰瘍ができたり、穴が開いたりする病気です。原因不明の難病で、口から肛門まですべての消化管に起こり得ます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の痛みがある
  • 便がゆるい・下痢をしている
  • 便に赤い血が混じっている
  • 腹痛がはじまると便の回数が多くなる
  • 腹痛がはじまると便がゆるくなる
  • 肛門が痛い
  • 体温が37.5℃以上
  • お腹に痛みとは違う不快な感じがする
  • 両親や兄弟や子供にクローン病・潰瘍性大腸炎にかかった人がいる
  • 食欲がない

対処法

脂質制限の食事療法や薬で治療されますが、専門の医療機関での治療が必要です。

「クローン病」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

クローン病と関連性のある病気

適切な診療科

クローン病でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「クローン病」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子 先生
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「クローン病」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/crohn-disease-d43 #ユビーAI受診相談 #クローン病
テキストをコピー