基本的には服薬と栄養療法が治療の中心になります。
適切な食事が炎症を改善させることもわかっているので、食事の管理を徹底することが重要です。
炎症がひどい場合は、点滴治療や、血液中の炎症細胞や炎症物質を除去する白血球除去療法を行うこともあります。
また、腸が狭くなってしまったり穴が開いてしまったりした場合、手術の実施も考えます。