飲み薬が効かないときは、点滴などの薬をあわせて使用したり、追加の薬を試したりします。
また、絶食して腸を休めたり、食事の内容を変えて栄養成分を調整したりすることで、炎症や症状がよくなる場合もあるので、食事療法を強化することもあります。
必要があれば、他の合併症がないかどうかなどの検査も行い、病状にあった治療を選択していきます。