基本的には症状や食べたものから判断します。
便を採取して培養を行って菌の有無を検査する(便培養検査)こともありますが、あまり精度が高くないため参考程度にすることが多いです。