細菌、ウイルス、寄生虫などの病原微生物が腸に入り込むことで起こる疾患をまとめて「感染性腸炎」と呼びます。
感染性腸炎の原因は、カンピロバクター以外にもさまざまですが、原因にかかわらず下痢・腹痛・吐き気・嘔吐・発熱といった似通った症状が見られることが多いです。
そのため、症状が出るまでの潜伏期間や、症状が出る前に食べたものの内容によっては、カンピロバクター以外の疾患を疑うこともあります。