まずは問診で症状や食べたものについてお話を聞きます。
参考のために、便を採取して培養検査に出したり、血液検査を行ったりすることもあります。
また場合によっては、典型的なカンピロバクターによる腸炎が見られるかどうか大腸内視鏡検査で確認することもあります。