ユビー

免疫不全症候群
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:1/25/2023

監修医師:
阿部 吉倫

かんたん3分(無料)

免疫不全症候群があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

免疫不全症候群について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
免疫不全症候群に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
免疫不全症候群に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

免疫不全症候群とは

人間の体を守る免疫系のどこかの部分に欠陥がある疾患の総称です。生まれた時から欠陥がある原発性免疫不全症と、生まれた後に免疫系に異常をきたす続発性免疫不全症に分類されます。原発性は欠陥がある細胞・タンパク質などによって450種類以上の病気に分類されます。続発性は、低栄養、悪性腫瘍(がん)、糖尿病、加齢、薬剤によるものなど様々な原因で発症する可能性があります。HIVに感染しておこる後天性免疫不全症候群(エイズ)も有名です。

gls_is_202210_01

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が37.5℃以上
  • 発熱と解熱を繰り返している
  • 筋肉痛がある
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 38度以上の高熱が7日以上続いている
  • 体のだるさがある
  • せきが出る

進行後のリスク

疾患の種類や程度によって違いはあるものの、基本的には次のような特徴があります。

  • 免疫力が低下して、細菌・ウイルス・真菌(カビ)などの病原体と戦う力が弱まる
  • 感染症にかかりやすくなったり、重症化しやすくなる
  • 普通の人がかからない感染症にかかりやすくなる

さらに、感染症だけでなく、本来自分を攻撃しない免疫系が誤って自分の体を攻撃してしまう自己免疫疾患や、がんを発症してしまう場合もあります。疾患の種類や原因によって治療や経過が大きく異なるため、早期診断・早期治療が重要です。

gls_is_202210_02

検査・診断

年齢や経過、受診時の症状などによって必要な検査が変わります。まず血液検査を中心に、免疫不全疾患の可能性やその種類について詳しい検査が進められます。遺伝子疾患による原発性免疫不全症が疑われた場合、遺伝子検査が行われる場合もあります。

対処法

受診すべき診療科

発熱などの感染症を疑う症状がある場合は内科や感染症科、小児の場合は小児科を受診します。医師にこれまであった症状や経過、気になっていることについて相談してください。

参考文献

Karen T et al. Ann Allergy Asthma Immunol. 2021;127(6):617-626.

近所の病院検索

免疫不全症候群の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

免疫不全症候群について、医師からのよくある質問

  • 現在、皮ふにコブ状のものがある、または触れますか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?
監修医師の画像

監修医師

阿部 吉倫

診療科・専門領域

  • 内科
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細