「薬疹・中毒疹・薬剤熱」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

薬疹・中毒疹・薬剤熱

摂取した薬によって皮膚や粘膜に発疹や発熱を生じる病気です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふにブツブツがある
  • アレルギーを起こしそうなものを触った
  • じんましんが出ている
  • 新しい薬を使い始めて3日から1ヶ月以内である
  • 抗生物質を服用している、もしくは最近まで服用していた
  • 日光に当たると皮ふが真っ赤になってしまう

対処法

原因となった薬剤を中止することが最も重要です。重症の時は入院が必要です。お薬手帳や薬のパッケージなど、内服した薬がわかるものを持って、皮膚科を受診してください。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
薬疹・中毒疹・薬剤熱との関連性
受診すべき診療科
薬疹・中毒疹・薬剤熱でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「薬疹・中毒疹・薬剤熱」について気になる症状をまず1つ教えてください。

水疱が出来ている
残尿感がある
寒気がする
咳が止まらない
皮膚に異常がある
じんましんが出た
皮膚が赤く点々としている
発疹がある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「薬疹・中毒疹・薬剤熱」と似た病気からも調べられます

ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています