ユビー

薬疹・中毒疹・薬剤熱
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師:
上田 有希子(日本橋室町皮ふ科 院長)

かんたん3分(無料)

薬疹・中毒疹・薬剤熱があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

薬疹・中毒疹・薬剤熱について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
薬疹・中毒疹・薬剤熱に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
薬疹・中毒疹・薬剤熱に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

薬疹・中毒疹・薬剤熱とは

摂取した飲み薬、サプリメントなどによって皮ふや粘膜に発疹や発熱を生じる病気です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 全身の皮ふに赤みがある
  • 薬を使用した後から皮ふの赤みが出現した
  • 一部でなく全身に赤みがある
  • お腹や胸や背中の皮ふに異常がある
  • アレルギーを起こしそうなものを触った
  • 新しい薬を飲み出して2-6週間ほど後に、赤いぶつぶつや発熱が出現した
  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 新しい薬を使い始めて3日から1ヶ月以内である
  • 皮ふが赤く盛り上がっている
  • くちびるが腫れぼったい

対処法

原因となった飲み薬を中止することが最も重要です。サプリメントなどが原因になることもあります。重症の時は入院が必要です。お薬手帳や薬のパッケージなど、服薬内容がわかるものを持って、皮ふ科を受診してください。

近所の病院検索

薬疹・中毒疹・薬剤熱の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

薬疹・中毒疹・薬剤熱について、医師からのよくある質問

  • 全身の皮ふに赤みがありますか?
  • 薬を使用した後から皮ふの赤みが出現しましたか?
  • 発赤は体の一部ではなく全身に出ていますか?
  • お腹や胸、背中のどこかの皮膚に症状が出ていますか?
  • アレルギーを起こす・起こしそうなものと触れましたか?
監修医師の画像

監修医師

日本橋室町皮ふ科 院長
上田 有希子

診療科・専門領域

  • 皮膚科
【経歴】 私立女子学院高校卒 新潟大学医学部卒 東京大学医学部附属病院初期研修医 東京大学皮膚科学教室入局 自治医科大学皮膚科 臨床助教 京都府立医科大学皮膚科 後期専攻医 都立駒込病院皮膚腫瘍科 東京大学皮膚科 特任臨床医 日本赤十字社医療センター皮膚科
監修医師詳細