ユビー

亜鉛・ビオチン欠乏症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

「亜鉛・ビオチン欠乏症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

亜鉛・ビオチン欠乏症と関連性のある病気

適切な診療科

亜鉛・ビオチン欠乏症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「亜鉛・ビオチン欠乏症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

亜鉛の欠乏は味覚異常を来します。摂取不足・吸収不全・需要増大などの原因があります。ビオチンはビタミンB7とも呼ばれます。様々な食品に含まれるため、欠乏することはまれです。生卵白の大量摂取で吸収障害が起こるとされます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふにブツブツがある
  • 皮ふにただれている場所や、めくれている場所がある
  • 髪の毛が抜けてきている

対処法

心配であれば、医療機関を受診しましょう。亜鉛を測定することはそれなりにありますが、ビオチンは通常測定しません。いずれも必要に応じて、内服薬やサプリメントで補正を行います。高用量の(成分量の多い)ビオチンサプリメントは各種検査結果に影響を及ぼすことがあり、注意が必要です。

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

診療科・専門領域

  • 内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
【経歴】 1995年 新潟県立新潟高等学校 卒業 2007年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業 2011年 新潟大学医学部医学科 卒業 2011年 横須賀共済病院 初期研修 2013年 横須賀共済病院 呼吸器内科 2017年 東京医科歯科大学統合呼吸器病学分野 入局 2017年 青梅市立総合病院呼吸器内科 2019年 武蔵野赤十字病院呼吸器科 2021年 新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教(現在に至る)
監修医師詳細