「骨盤内炎症症候群」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

骨盤内炎症症候群

骨盤内の臓器(子宮、卵巣、卵管、腹膜など)でウイルスや細菌などが感染し、腹痛や発熱などを起こします。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の痛みがある
  • お腹の下の方の痛みがある
  • 体温が普段より高い
  • お腹を押すと激しく痛む

対処法

自然に良くなることもありますが、症状が改善しない場合は検査や薬による治療が必要になることがあるので産婦人科受診をお勧めします。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
骨盤内炎症症候群との関連性
受診すべき診療科
骨盤内炎症症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「骨盤内炎症症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

腹痛がある
下腹部痛がある
発熱がある
腹痛部分を押すと悪化する
性交時痛がある
おりものの増加がある
骨盤が痛い
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「骨盤内炎症症候群」と似た病気からも調べられます

AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医