ユビー

咽頭異物
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/14/2021

監修医師:
吉岡 藍子(新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野 医員)
かんたん3分(無料)
咽頭異物があなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

咽頭異物について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
咽頭異物に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
咽頭異物に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

咽頭異物とは

のどに何かがひっかかっている状態です。魚の骨のことが多く、つばを飲み込んだ時の痛みや違和感が続きます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 小さなものを飲み込んだ
  • のどの痛みがある

対処法

魚の骨などが引っかかっている場合には早めにとる必要があるので、医療機関を受診してください。ご飯の丸のみをすると骨が深く刺さるので、決して行わないください。

近所の病院検索

咽頭異物の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

咽頭異物に関連する他の症状からも調べられます

咽頭異物について、医師からのよくある質問

  • 小さなものを飲み込みましたか?
  • のどの痛みはありますか?
監修医師の画像
監修医師
新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野 医員
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。 2022年4月から新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野所属。
監修医師詳細