ユビー

双胎間輸血症候群
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

双胎間輸血症候群について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

双胎間輸血症候群と関連性のある病気

適切な診療科

双胎間輸血症候群でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

1つの胎盤を2人の胎児が共有している一絨毛膜二羊膜双胎では、胎盤表面に胎児同士の血管のつながり(吻合血管)がほぼ100%発生します。通常、この吻合血管を通した胎児間の血液のやり取りはバランスが取られていますが、両胎児間の血液量バランスが崩れることによって起こるのが双胎間輸血症候群です。一絨毛膜二羊膜双胎の約10%で発生します。母親は自覚症状がないことが多いですが、急激な腹囲増大・子宮収縮・胎動減少が生じることもあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 多胎妊娠(胎児2人以上)
  • 現在妊娠している
  • 一絨毛膜双胎(1つの胎盤を複数の胎児が共有している)
  • 急にお腹が大きくなってきた
  • 胎動がいつもより極端に少ないと感じる

対処法

胎児エコーで診断します。放置すると胎児生命の危機や後遺症が出現することがあるため、胎児治療が行われています。

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

双胎間輸血症候群と似た病気からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

診療科・専門領域

  • 産婦人科
  • 産科
  • 婦人科
新潟大学医学部卒。東北大学大学院医学系研究科で医学博士を取得。 東京都立多摩総合医療センター、国立成育医療研究センターなど総合周産期センターの最前線で母体救命、胎児診療、臨床研究に従事。 現在は、Ubie株式会社でAI問診プロダクトを開発しながら、FMC東京クリニックにおいて胎児超音波や出生前相談外来を、東京フェリシアレディースクリニックなどにおいて産婦人科診療全般を担当している。
監修医師詳細