発熱と同時にのどが赤く腫れ、口の中に水疱(水ぶくれ)や潰瘍(粘膜や皮膚が深いところまで傷ついた状態)ができます。
発熱による体のだるさや口の中の痛みなどから、食事や水分をとることが難しくなり、脱水になってしまうこともあります。
発熱は2〜4日程度で落ち着き、水疱や潰瘍も時間の経過とともによくなります。