しんきんこうそく

心筋梗塞

同義語

急性冠症候群、急性心筋梗塞

最終更新日:

おだかクリニック 循環器内科 副院長

小鷹 悠二 監修

診断について

どのようにして診断しますか?

症状の経過から疑い、心電図、採血、胸部レントゲン、心臓超音波等の検査結果をふまえて、心臓カテーテル検査で診断を確定します。

個人の見解

発症時間によっては心電図や採血の結果に心筋梗塞に特徴的な結果が現れないことがあります。
症状などから心筋梗塞の疑いが強い場合には、検査の結果にかかわらず心臓カテーテル検査を行うこともあります。

解説

まずは症状の経過から疑います。
その後、心電図、採血(心臓の血流低下で上昇する数値を評価します)、胸部レントゲン、心臓超音波などの検査を実施します。
最終的には、心臓カテーテル検査で撮影したレントゲン画像(以下の写真参照)上で、血管が狭くなって血流が悪化していることが確認できたら、心筋梗塞の診断が確定します。

参考・文献

この病気について気になる方はコチラ

おだかクリニック 副院長・循環器内科

小鷹 悠二 監修

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社