血管の流れが悪くなった部分をカテーテル検査で確認し、その部位をバルーン(治療用の特殊な風船)やステント(金属でできた網目状の筒)で広げて血流を改善させます。
心臓カテーテルでの治療が困難、あるいはリスクが高い場合については手術での治療も検討されます。
また、血管を広げる薬や血液が固まりにくくなる薬も必要に応じて使用します。
なお、心筋梗塞によって心臓の機能が著しく低下している場合には、人工呼吸器や人工心肺装置を使用することがあります。
また、致命的な不整脈が発生している場合、電気ショック治療を行うことがあります。
これら急性期の治療がいったん完了したら、生活習慣病等の治療も開始していきます。