心臓の筋肉に栄養を送る血管(冠動脈)が急速に狭まったり詰まったりすることで、心臓に送りこまれる血液の量が少なくなり、心臓の筋肉が壊れてしまう病気です。
心臓がうまく働かなくなることで全身の血流障害が起こり、命に関わる事態につながることもあります。
非常に危険な病気なので、心筋梗塞が疑われる際は一刻も早く受診してください。