インフルエンザ

最終更新日

一般的にどのような治療を行いますか?

東日本橋内科クリニック 循環器内科 院長

白石 達也 監修

回答

解熱鎮痛薬をはじめとする症状を和らげる薬や、抗インフルエンザ薬を使用しつつ、時間とともに症状が治まるのを待ちます。

解説

基本的には、症状を改善する薬を使用して回復を待ちます。
痛みや熱を抑える薬(アセトアミノフェンなど)や、咳止めなどが用いられます。
ロキソニンなどの非ステロイド系抗炎症剤は、インフルエンザ脳症を引き起こす可能性を高めると言われており、使用が避けられます。

また、インフルエンザウイルスの働きを抑える抗インフルエンザ薬を使用することもあります。
症状が落ち着くまでの期間の短縮や重症化の予防といった効果が実証されており、以下に当てはまる方に使用が推奨されています。

  • インフルエンザで入院したすべての患者
  • 重症あるいは症状が悪化している患者
  • 慢性疾患のある患者
  • 免疫抑制をしている患者
  • 2歳未満の小児および65歳以上の高齢者
  • 妊婦および産後2週以内の患者


また、中耳炎や肺炎を合併している場合には抗生剤を使うこともあります。

(参考文献)

インフルエンザが気になる方はチェック
初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社