乾癬

最終更新日

一般的にどのような薬を用いて治療しますか? 副作用はありますか?

一般内科

宮村 智裕 監修

回答

ビタミンD3の入った塗り薬や、ビタミンA誘導体などの飲み薬を使用します。副作用は薬によってそれぞれ異なります。

解説

塗り薬として、ビタミンD3やステロイド製剤を用います。
塗り薬だけでは十分な症状の改善が見られない場合や、症状の範囲が広い場合は、飲み薬を追加します。
飲み薬としては、

  • 免疫抑制剤:メソトレキサート(リウマトレックス)、シクロスポリン(ネオーラル)
  • 細胞の増殖を抑える薬:エトレチナート(チガソン)
  • 炎症を調節する薬:アプレミラスト(オテズラ)

といったものが用いられます。

飲み薬・塗り薬ともに、皮膚の赤み・かさつきを抑える効果があります。
どの薬を用いるかは、皮疹(ひしん)の重症度や既往歴、血液検査の結果などをもとに決めていきます。

副作用は薬によりさまざまですが、皮膚の炎症や肝機能障害、腎機能障害、消化器症状(吐き気、下痢など)、免疫抑制作用などが生じる場合が多いです。

(参考文献)

小宮根真弓,多田弥生,森田明理. 困ったときに役立つ STEP UP 乾癬診療. メディカルレビュー社, 2019.

乾癬が気になる方はチェック
初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社