ユビー

アルコール中毒
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

アルコール中毒について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

アルコール中毒と関連性のある病気

適切な診療科

アルコール中毒でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

急性アルコール中毒とは

アルコール摂取によって血液中のアルコール濃度が高まって精神や身体の異常症状(意識障害や血圧低下、嘔吐など)が出ます。重症になると死に至ることもあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 吐き気・嘔吐がある
  • 飲酒で頭痛が出現する
  • 飲酒に罪の意識を感じている
  • 頭痛がある・頭が重い
  • お酒の飲み方を人から注意されたことがある
  • 朝の迎え酒をしたことがある
  • 部屋の隅などに、いないはずの虫などが見えることがある

対処法

体内からアルコールが抜けるのを待たなければなりません。脱水や低血糖を併発することがあり、点滴が必要になったり、重症の場合は人工呼吸器が必要になることもあります。子どもが間違って口にしてしまい何かしらの症状がある場合は外来受診を、意識障害や呼吸の異常がある場合は救急車をお勧めします。

近所の病院検索

急性アルコール中毒の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細