「アルコール依存症・アルコール離脱せん妄」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

アルコール依存症・アルコール離脱せん妄

アルコール依存症とは、飲酒を自分でコントロールできなくなった状態で、飲酒がよくないことだと自身でわかっていても、飲酒がやめられなくなってしまっている状態です。このような長期の大量飲酒が行っている方が飲酒を控えた場合に、様々な精神症状や手の震えなどが出て来ることを離脱症状(俗に言う禁断症状)と呼びます。

次の症状などが特徴として見られます。

  • 生活の中で飲酒時間が長く、家庭や仕事がおろそかになる
  • 飲酒前に心に決めた量を守れず、いつも深酒している
  • 以前の酒量では酔わなくなり、量が増えている
  • 普段と比べて頭がはっきりしない、あるいは意識がおかしいと感じる
  • 飲酒に罪の意識を感じている
  • 食欲がない
  • しびれや感覚のおかしさがある
  • 手足や顔が勝手に動く
  • 朝の迎え酒をしたことがある
  • 周りが回っているように感じる

患者本人の意思の弱さによって起きるものではなく、専門の医療機関で治療が必要な病気です。断酒会など、周囲の助けも借りて飲酒を控えていきましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
アルコール依存症・アルコール離脱せん妄の可能性
病院に行くべきか
アルコール依存症・アルコール離脱せん妄でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「アルコール依存症・アルコール離脱せん妄」について気になる症状をまず1つ教えてください。

不安を感じる
体がだるい
目が回る
お酒を常備しておかないと落ち着かない
手足が意図せず動く
しびれがある
頭がぼおっとする
食欲がわかない
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「アルコール依存症・アルコール離脱せん妄」と似た病気からも調べられます

© Ubie, Inc. 会社概要