ユビー

薬剤性鼻炎
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
舟石川ひふみみクリニック 院長
貞安 令

「薬剤性鼻炎」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

薬剤性鼻炎と関連性のある病気

適切な診療科

薬剤性鼻炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「薬剤性鼻炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

市販の血管収縮剤入りの点鼻薬を長期間頻繁に使用することで、鼻づまりがかえって悪化してしまった状態です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 鼻スプレー薬を1ヶ月以上使っていて、効き目がだんだん悪くなってきた
  • 鼻づまりがある
  • くしゃみが出る
  • 鼻水が出る
  • はな声である

対処法

点鼻薬の使用を中止します。中止によりリバウンドがみられ鼻づまりが一時的に悪化しますが、血管収縮剤の入っていない点鼻を使って治療します。

「薬剤性鼻炎」に関連する症状からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
舟石川ひふみみクリニック 院長
貞安 令

診療科・専門領域

  • 耳鼻咽喉科
【経歴】 2009年久留米大学卒業、医師免許取得 2011年女子医大東医療センター 2012年宮城県立がんセンター 2014年女子医大東医療センター 2015年耳鼻科専門医取得 2020年村立東海病院 2022年- 舟石川ひふみみクリニック 院長
監修医師詳細