ユビー

好酸球性蜂窩織炎
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
日本橋室町皮ふ科 院長
上田 有希子

「好酸球性蜂窩織炎」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

好酸球性蜂窩織炎と関連性のある病気

適切な診療科

好酸球性蜂窩織炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「好酸球性蜂窩織炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

虫刺されや薬剤、小麦などが原因で皮ふや皮下脂肪が腫れて痛くなる状態です。細菌感染による細菌性蜂窩織炎に対し、この疾患ではアレルギー反応により好酸球という血液成分が腫れている部分に集まることで起こります。

対処法

細菌感染の除外が必要で、自然治癒することもありますが、炎症を抑えるステロイド治療が選択されることもあります。

「好酸球性蜂窩織炎」に関連する症状からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
日本橋室町皮ふ科 院長
上田 有希子

診療科・専門領域

  • 皮膚科
【経歴】 私立女子学院高校卒 新潟大学医学部卒 東京大学医学部附属病院初期研修医 東京大学皮膚科学教室入局 自治医科大学皮膚科 臨床助教 京都府立医科大学皮膚科 後期専攻医 都立駒込病院皮膚腫瘍科 東京大学皮膚科 特任臨床医 日本赤十字社医療センター皮膚科
監修医師詳細