ユビー

IgA血管炎
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

「IgA血管炎」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

IgA血管炎と関連性のある病気

適切な診療科

IgA血管炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「IgA血管炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

IgA(免疫タンパク質)が誤った働きをして小さな血管に炎症を起こす病気です。原因は感染や薬剤、環境、食物、悪性腫瘍など様々で、下肢を中心に紫斑が広がり、腹痛や関節痛、腎障害を起こします。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 肌に紫色のぶつぶつがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 皮ふに点状の内出血がある
  • 暗い紫色の小さな点々が、足のひざから下に出ている
  • 赤い尿や血尿が最近出た
  • 体温が37.5℃以上
  • ささいなことでも血が出てしまう
  • 関節の痛みがある
  • 腹痛の後に紫の小さな点々が出てきた
  • お腹の痛みがある

対処法

症状が軽いときは、対症療法のみで自然に改善しますが、重いときはステロイドや免疫抑制剤を使用するため入院が必要です。

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細