ユビー

溶血性尿毒症症候群
との関連性をAIで無料でチェック

「溶血性尿毒症症候群」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

溶血性尿毒症症候群と関連性のある病気

適切な診療科

溶血性尿毒症症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「溶血性尿毒症症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

溶血性(赤血球が破壊される)貧血、急性腎不全、血小板減少を特徴とする症候群です。腸管出血性大腸菌から放出されるベロ毒素によるものが頻度が高いですが、遺伝性・薬剤性・原因不明のこともあります。5歳以下の小児に特に多く、血便を伴う下痢、嘔吐、腹痛、発熱に引き続いて数日から10日程度の経過で発症します。高血圧、中枢神経症状(運動機能の異常・感覚の異常など)を合併することもあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 便に赤い血が混じっている
  • 赤い尿や血尿が最近出た
  • ささいなことでも血が出てしまう
  • 体温が37.5℃以上
  • 体のだるさがある
  • おしっこが出にくい、少ない
  • けいれん発作があった

対処法

ベロ毒素除去のための点滴、抗菌剤治療が必要です。腎機能障害に対して血液透析が必要となることもあり、その場合は高次医療機関での治療が適切です。