治療を受けずに放っておくと、血管が完全に閉塞した状態、すなわち心筋梗塞へと発展してしまう可能性が高いです。
心筋梗塞になると、心不全(心臓が血液を全身に送り出せなくなった状態)を引き起こす可能性が生じ、たいへん危険です。
また、全身の血流が低下することで、

  • 全身の臓器障害
  • ショック状態(酸素が全身に十分に行き渡っていない状態)
  • 危険な不整脈の出現
  • 心臓の損壊(筋肉の壁に穴が開いてしまう)

といった、命に関わる事態に発展するおそれもあります。