まずは症状の経過から疑います。
その後、心電図、採血(心臓の血流低下で上昇する数値を評価します)、胸部レントゲン、心臓超音波などの検査を実施します。
最終的には、心臓カテーテル検査で撮影したレントゲン画像上で、血管が狭くなって血流が悪化していることが確認できたら、不安定狭心症の診断が確定します。