血液を固まりにくくする薬である抗血小板剤は、一生涯にわたって内服が必要です。
合併症の有無や状態によっては、他の薬も長期間または一生涯の内服が必要となります。