抗血小板剤という、血液を固まりにくくする薬を必ず用います。
その他にも血管拡張剤や、合併する生活習慣病の治療薬等を使用します。

なお、抗血小板剤の副作用として、出血が起こりやすくなります。