下肢静脈(足先から心臓へと血液を送り返す血管)内には、血液の逆流を防ぐ弁があります。
この弁が壊れてしまうと、血流が逆流するようになり、これによって血管が広がってこぶのように膨らんでいってしまいます。また、足の血流障害を起こることで、足のむくみや痛みなどをはじめとするさまざまな症状が生じます。