基本的には血管外科や心臓血管外科を受診しましょう。
ただし、病院によっては外科で診療することもあるため、受診先の病院のホームページなどであらかじめ確認してから受診するといいでしょう。