基本的には症状の問診と診察だけで診断を下せるので、検査を行うことはあまりありません。
ただし、

  • 髄膜炎などの合併症が疑われる
  • ほかの病気が疑われ、詳細な検査を行ったほうがいい可能性がある

といった場合には、血液検査や便の検査、髄液検査などを行うことがあります。