インフルエンザ

最終更新日

治療を開始してから治るまでの流れが知りたいです。

東日本橋内科クリニック 循環器内科 院長

白石 達也 監修

回答

発症から1〜3日間ほど38度以上の熱が出たのち、徐々に症状が治まっていきます。

解説

発症から1〜3日間ほど38度以上の高熱などの強い症状が出て、その後徐々に症状が治まっていきます。
必要に応じて薬を使って症状を和らげ、時に抗インフルエンザ薬も内服しつつ、時間と共に症状が治まるのを待ちます。

なお、発症から5日間および発熱が治まってから2日間程度は、他人への感染力があるとされるため、学校への出席や会社への出社は差し控えることが薦められます。
特に学校については学校保健安全法(昭和33年法律第56号)で、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」が、インフルエンザによる出席停止期間として定められています。

(参考文献)

インフルエンザが気になる方はチェック
初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社