扁桃周囲膿瘍の診断がくだった場合、抗菌薬は点滴で投与されることが多いです。
薬が飲める状態になったら、内服に切り替えます。
のどの炎症が落ち着いたと判断された段階で、抗菌薬は中止されます。