手術を行う際には脊髄に実際に触れるため、脊髄の障害やそれにともなう炎症・感染症等を引き起こしてしまう可能性があります。
また、人工物や膜、チューブ等を用いることがあり、それによるアレルギー反応や感染症などが起こる可能性もあります。
詳しくは手術の前に執刀医から話を聞くことをおすすめします。