手根管症候群

最終更新日

どのようにして診断しますか? 検査などは実施しますか?

山田記念病院 整形外科 整形外科部長

濱畑 智弘 監修

回答

ティネルサインやファレンテストなどの身体診察、レントゲン検査や神経伝導速度検査などで診断します。

解説

手指の痛み方やしびれ方を見る検査を行い、その結果から診断を下します。
手首の手根管が通っているあたりを打腱器などで叩いて反応を見る「ティネルサイン」や、手首を直角に曲げて両手の甲を合わせた状態を1分間続けた後どうなるかを見る「ファレンテスト」などの検査を行います。
また、手首の骨に異常がないか確認するレントゲン検査や、神経の機能を評価する「神経伝導速度検査」という検査を行う場合もあります。

(参考文献)

手根管症候群が気になる方はチェック
初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社