服薬以外の日常生活の工夫等によって症状が改善してきたら、飲みつづける必要はありません。
また、学校が休みの日は服薬せずに過ごすなど、薬の飲み方を調整することもできます。
主治医の先生と相談して方針を決めるといいでしょう。