「起立性調節障害」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

起立性調節障害

自律神経の異常で体内の血液・血圧の調節がうまくいかなくなる病気です。立ちくらみや吐き気、だるさや頭痛などの症状が現れることがあります。症状は特に朝に強く、学校や会社などの社会生活に影響が出てしまうことがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • めまいがする
  • 立つとふらつき・浮遊感が生じる
  • 立ち上がった時や、長時間立っていた時にめまいを感じたことがある
  • 意識を一時失った
  • 朝に体のだるさが強い
  • 立ちくらみがする

対処法

座っている状態や寝ている状態から起き上がるときには、時間をかけてゆっくり起き上がるようにしましょう。また、脱水状態とならないよう、水分はこまめに取るようにしましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
起立性調節障害との関連性
受診すべき診療科
起立性調節障害でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「起立性調節障害」について気になる症状をまず1つ教えてください。

めまいがする
動悸がする
失神した
立ちくらみがする
立つとふらふらする
朝起きられない
立ち上がるとめまいがする
体がだるい
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています