服薬治療を4週間続けても症状がまったく改善しない場合、専門医への受診を検討しましょう。
ただし、専門医を受診する場合でも、日常生活の工夫や環境調整はやめずに続けることが望ましいです。

心理社会的因子発症に影響していると考えられる場合は、専門医の受診、ソーシャルサポートの活用、家族のケアなども有効です。