熱中症

最終更新日

子供の熱中症予防のために、日常生活で気をつけたほうがいいことを教えてください。

国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 小児科

福井 加奈 監修

回答

水分補給をこまめに行う、通気性のいい服を着る、高温多湿を避けるといったことが大切です。

解説

1. 水分補給をこまめに行うようにしましょう

目安として運動中は20〜30分ごとに休憩をとり、水分補給を行うことが推奨されています。
また、運動開始前後もしっかりと水分を補給する必要があります。
各自ののどの渇きに任せて水分を補給していると、水分が不足し熱中症を引き起こすおそれがあります。

2. ゆったりした、通気性のいい服を着るようにしましょう

風通しのいい服を着ることで、体の熱を逃しやすくすることが大切です。
また、汗が蒸発しやすい急乾・速乾性の素材の服を選ぶといいでしょう。
熱を吸収しやすい黒色の服は避けることが望ましいです。

3. 高温多湿の環境は避けるようにしましょう

暑いときは外で活動しないようにしましょう(気温が30度以上になると屋外での活動の危険度が高まります)。
また、湿度が高いと熱中症のリスクがさらに高まります。
外で活動せざるを得ない場合は、帽子や日除けで日差しを避けましょう。
また、小さなお子さんを車の中に置き去りにしないように気をつけましょう。

(参考文献)

熱中症が気になる方はチェック
初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社