熱中症の重症度は、症状が軽い順にI度、II度、III度に分けられます。
II度以上の症状(頭痛、嘔吐、倦怠感、集中力や判断力の低下)を認めた場合、緊急に治療が必要なため、すぐに救急を受診してください。
熱中症は急激に症状が悪化する可能性があるため、なるべく早く治療を行うことが重要です。
I度に該当する症状の場合は、応急処置と見守りで対応が可能ですが、症状がなかなかよくならない場合は内科を受診するといいでしょう。

I〜III度の症状について、詳しくはこちらでご確認ください。