熱中症の重症時に見られる意識障害や痙攣は、たとえば髄膜炎や脳炎といった脳脊髄の感染症、脳出血や脳梗塞などの病気でも認められるものです。
また脳の病気以外にも、血中のアンモニア量の急激な増加、電解質(ミネラル)のバランスのくずれ、薬物の作用など、意識障害や痙攣はさまざまな原因で起こりえます。

正確な原因は検査をしないとわからないことが多いため、必ず医療機関を受診しましょう。