ユビー

急性散在性脳脊髄炎
との関連性をAIで無料でチェック

「急性散在性脳脊髄炎」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

急性散在性脳脊髄炎と関連性のある病気

適切な診療科

急性散在性脳脊髄炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「急性散在性脳脊髄炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

急性に発症するの神経の疾患です。ウイルス・細菌感染や予防接種後に発症します。発症年齢は全年齢ですが、 特に小児期が多いです。原因は神経に対する一時的な自己免疫異常により複数の箇所で神経が攻撃されるためです。MRIの検査が診断に有用です。数週間から数か月での完全回復は55-95%と幅があり、再発例や後遺症を残す場合があります。 死亡例は稀です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 頭痛がある・頭が重い
  • 体温が37.5℃以上
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • 体のだるさがある
  • 食欲がない
  • 吐き気・嘔吐がある
  • こめかみ付近の痛みがある
  • 安静にしていても関節痛が消えない
  • おでこ付近の痛みがある

対処法

反応が鈍い、食欲がない、おもらしがある場合は早期受診を推奨します。けいれんを認めたら横向きに寝かせて救急要請をしてください。