ユビー

急性硬膜外血種
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

急性硬膜外血種について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

急性硬膜外血種と関連性のある病気

適切な診療科

急性硬膜外血種でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

急性硬膜外血種とは

頭蓋骨と硬膜という膜の間に溜まった血腫を指します。外傷により中硬膜動脈という血管が切れて発症することが知られています。血腫が増えると脳を圧排し、意識障害が出現します。頭をぶつけた直後は意識が朦朧としますが、意識が一度清明になり、その後少し時間が経過すると急激に意識が悪くなります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 頭を激しくぶつけた
  • 意識を一時失った
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • こめかみ付近の痛みがある
  • 首に症状がある
  • 頭痛がある・頭が重い

対処法

頭部外傷の後は一時的に意識が清明になり、一見大丈夫なように見えることがありますが、急激に意識が悪くなる場合は急性硬膜外血腫を疑います。頭を強く打った場合は、出血がないかを確認するために救急の受診を検討します。

近所の病院検索

急性硬膜外血種の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

診療科・専門領域

  • 脳神経外科
【経歴】 2009年 山梨大学卒業 2011年 NTT東日本関東病院 脳神経外科 2013年 東京都立神経病院 脳神経外科 2014年 日本医科大学脳神経外科 (付属4病院および関連病院) 2020年 聖隷浜松病院てんかん科 2021年 日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長(現職)
監修医師詳細