ユビー

女性化乳房症
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/14/2021

監修医師:
濵﨑 秀崇

かんたん3分(無料)

女性化乳房症があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

女性化乳房症について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
女性化乳房症に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
女性化乳房症に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

女性化乳房症とは

男性の胸が大きくなり女性の乳房のようになる病気です。お薬や脳(下垂体)腫瘍などが原因になります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 男であるのに乳房が大きくなってきた
  • 乳房のしこりがある
  • 乳首が布に触れるだけで違和感やかゆみ、痛みを感じる
  • 乳房が張っている

対処法

異常に気付いたら医療機関にご相談ください。まれに乳がんが見つかることもあるため乳腺科受診をお勧めします。

近所の病院検索

女性化乳房症の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

女性化乳房症に関連する他の症状は?

女性化乳房症について、医師からのよくある質問

  • 男であるのに乳房が大きくなっていると感じていますか?
  • 乳房にしこりがあると感じますか?
  • 乳首が下着や衣服に触れるだけで違和感やかゆみ、痛みを感じますか?
  • 乳房が張っていると感じますか?
監修医師の画像

監修医師

濵﨑 秀崇

診療科・専門領域

  • 内科
  • 糖尿病内科
  • 内分泌・代謝内科
【経歴】 2002年3月 東京大学理学部生物学科 卒業 2008年3月 広島大学医学部医学科 卒業 2008年4月 国立病院機構横浜医療センター研修医 2010年4月 国立国際医療研究センター病院糖尿病内分泌代謝科レジデント 2012年10月 国立国際医療研究センター国府台病院内科レジデント 2013年4月 国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 2016年3月 自治医科大学大学院医学研究科 卒業 2017年4月 医療法人泰水会濵﨑クリニック(現職) 2022年4月 University of Derby MBA Global 修了 東京大学理学部卒、広島大学医学部卒。 国立国際医療研究センター病院・国府台病院を経て、2017年4月より濵﨑クリニックに勤務。糖尿病を専門に、内科疾患および内分泌疾患を幅広く診療している。
監修医師詳細