公開日

最終更新日

この病気のQ&A : 38

にゅうがん

乳がん

「乳がん」とは、乳腺の組織にできるがんで、多くは乳管から発症します。進行すると、がん細胞は周りの組織を壊しながら増殖し、血液やリンパ液の流れに乗って転移します。乳がんは男性にも発生することがあり、女性同様に乳管より発症します。治療は基本的に女性同様の治療となり、予後も同様です。女性の場合は、婦人科受診、男性は乳腺外来に受診しましょう。

成育医療研究センター 産婦人科 共同研究員

藤井 達也 監修

乳がんについて、知りたいことを選択してください

病気について

症状について

治療について

受診について

薬について

乳がんは主にどのような薬で治療しますか?副作用はありますか?

乳がんに対する主な薬物療法としては、内分泌療法、分子標的薬などが挙げられます。

乳がんで薬が効かない場合、どうしたらよいですか?

乳がんにはさまざまな治療法があります。主治医と相談しながら別の治療法を模索することになります。

エキセメスタン(アロマシンⓇ)は抗がん剤ですか?

エキセメスタンは抗がん剤ではなく、エストロゲンを抑制するホルモン剤です。

エキセメスタン(アロマシンⓇ)の作用機序は何ですか?

エキセメスタンは、アンドロゲンをエストロゲンに変換するアロマターゼという酵素を阻害することで、エストロゲン依存性の乳がんの増殖を阻害します。

エキセメスタン(アロマシンⓇ)の副作用は何ですか?

エキセメスタンは女性ホルモンを抑えるため、更年期障害のような症状が起こりやすくなります。

レトロゾール(フェマーラⓇ)は不妊治療の薬ですか?

閉経後乳がんの治療以外に、卵巣刺激、排卵誘発の目的で不妊治療でも使用されることがあります。

レトロゾール(フェマーラⓇ)の効果は何ですか?

アロマターゼ阻害薬と呼ばれるホルモン療法薬の一種で、閉経後乳がんのほか、不妊治療でも使われています。

レトロゾール(フェマーラⓇ)の副作用は何ですか?

主な副作用として、ほてり、頭痛、関節痛などがあります。

診断について

検査について

マンモグラフィとはどのような検査ですか?

色々な角度から乳房をX線で撮影する検査です。

マンモグラフィで胸が小さくて挟めない場合はありますか?

「胸が小さい」という理由のみでマンモグラフィが受けられないことは、基本的にありません。

マンモグラフィ認定技師とはなんですか?

マンモグラフィ検診の精度を一定に保った、撮影が可能であると認定された技師です。

乳がん検診の時の服装はどうすれば良いですか?

なるべく上半身の衣類を脱ぎやすい服装で受診しましょう。

マンモグラフィ検査にかかる費用を教えてください。

場合によって異なりますが、保険料3割負担では左右両側の撮影で1,500円程度です。

マンモグラフィでは放射線を使用しますか?被曝量はどのくらいですか?

放射線を使用します。ほとんどの撮影において放射線量は2.4mGy以下です。

生理中でもマンモグラフィを受けられますか?

受けられますが、ホルモンバランスの関係で痛みを強めに感じることがあります。

マンモグラフィを受けない方がいい場合はありますか?

妊娠中の方、豊胸術後の方、ペースメーカーが入っているなど、受けない方が良い場合があります。

乳がん検診として、マンモグラフィとエコーのどちらを受けると良いですか?

一概には言えませんが、40歳以上の女性は2年に1回、問診とマンモグラフィの受診が推奨されています。

乳がん検診のエコー検査で写真を撮られた場合、悪いサインですか?

悪いものであるとは限りません。

乳がんのエコー検査で黒い丸がうつった場合、何が考えられますか?

黒い丸としてうつるものにはさまざまなものがあり、一概には言えません。

乳がん検診で要精密検査となる確率はどのくらいですか?また、要精密検査の場合はどのくらいの確率でがんですか?

実際に乳がんと診断される人は要精密検査となった人の5%、乳がん検診を受診した人全体の0.4%です。

乳がん検診は何歳から受けたら良いですか?

厚生労働省の指針では、40歳以上の女性は2年に1回乳がん検診を受けることが推奨されています。

この記事をシェアする

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。