ユビー
気になる症状はユビーアプリで簡単チェック

腟やその周りのかゆみがある
という症状の原因と、関連する病気をAIで無料チェック

更新日:2024/04/26

監修医師:
金沢 誠司

「腟やその周りのかゆみがある」がどの病気に関連するかAIでチェックする

かんたん3分(無料)

「腟やその周りのかゆみがある」がどの病気に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

腟やその周りのかゆみがあるという症状について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
症状の原因、関連する病気、対処法がわかる
featureHospitalIcon
適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

「腟やその周りのかゆみがある」はどんな症状ですか?

腟やその周りのかゆみがあるとは

「腟やその周りのかゆみがある」に関連する主の病気には、萎縮性腟炎、カンジダ外陰腟炎、子宮下垂・子宮脱などがあります。

腟やその周りのかゆみがある」に関連する症状はありますか?

  • おまたがかゆい

  • デリケートゾーンがかゆい

  • 陰部の皮膚がかゆい

  • 膣に痒みがある

「腟やその周りのかゆみがある」のQ&A

  • A.

    「デリケートゾーン」と呼ばれる、膣の周りの皮膚あるいは膣の内部にかゆみを感じる状態です。

    解説

    膣の周りの皮膚や膣の内部にかゆみが生じることを総称して「膣の周りのかゆみ」「デリケートゾーンのかゆみ」などと言うことがあります。原因としては、感染症や下着などによる皮膚の刺激、全身の疾患の影響、精神的な要因などが考えられます。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    身に着けている下着や生理用品によってかゆみが引き起こされることがあります。ストレスや睡眠不足も、かゆみを伴う感染症の原因となります。

    解説

    膣の周りのかゆみが続く場合、日常生活の何らかの行為に伴い、膣の周りの皮膚が刺激を受けて、傷や違和感が生じている可能性があります。刺激をもたらす具体的な原因としては、以下のようなものが考えられます。
    よくある原因としては以下のようなものが考えられます。

    • 下着などの衣類、衛生用品・避妊具、ボディソープなど

     肌に合わない化学繊維・化学物質などが炎症を引き起こすことがあります

    • 汗など

    自身の汗なども肌荒れの原因となり得ます。

    • 過度な洗浄

      洗いすぎにより皮膚のバリア機能が低下したり皮膚を傷めてしまうことがあります。

    • 脱毛などの処置

     処置に伴い物理的に皮膚を傷めてしまうことがあります。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    下着のこすれや圧迫によって刺激を受けることや、毛穴が多いことなどが原因となっている可能性があります。

    解説

    ニキビに似た小さなできものである「毛嚢炎」や、毛嚢炎より大きなできものである「粉瘤」(ふんりゅう:皮膚の内側に袋状の構造物ができ、その袋の中に角質や皮脂が溜まってできた腫瘍のこと)といった病気の可能性があります。デリケートゾーンの周囲は毛穴が多く、特にこういったできものができやすい箇所と言えます。

    「ユビー病気のQ&A」を見る

腟やその周りのかゆみがあるという症状はどんな病気に関連しますか?

腟やその周りのかゆみがあるという症状の原因となる主な病気は次のとおりです。
  • 皮膚掻痒症
  • 萎縮性腟炎
  • 性器ヘルペス
  • 外陰部癌
  • 膀胱炎
  • カンジダ外陰腟炎
  • 子宮下垂・子宮脱
  • 毛じらみ
  • トリコモナス症
  • 細菌性腟症

腟やその周りのかゆみがあるという症状について、医師からのよくある質問

  • おりもののにおいが気になりますか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?
  • 酒かすやヨーグルトのようなおりものがありますか?
  • 性交をしている際に痛みを感じますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

金沢 誠司

診療科・専門領域

  • 産婦人科
  • 産科
  • 婦人科
新潟大学医学部卒。東北大学大学院医学系研究科で医学博士を取得。 東京都立多摩総合医療センター、国立成育医療研究センターなど総合周産期センターの最前線で母体救命、胎児診療、臨床研究に従事。 現在は、Ubie株式会社でAI問診プロダクトを開発しながら、FMC東京クリニックにおいて胎児超音波や出生前相談外来を、東京フェリシアレディースクリニックなどにおいて産婦人科診療全般を担当している。
監修医師詳細