ユビー

網膜剥離
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士

網膜剥離について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

網膜剥離と関連性のある病気

適切な診療科

網膜剥離でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

網膜剥離とは

カメラに例えると、フイルムに相当する網膜という神経の膜が剥がれてしまう病気です。外傷や網膜格子状変性にともなう裂孔原性網膜剥離と、炎症などにより網膜下液が溜まって起こる滲出性網膜剥離があります。網膜剥離の状態が続くと、網膜が萎縮して視力が低下していき、放置するといずれは失明する場合がほとんどです。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 黒い点や虫のようなもの、あるいは薄い雲のようなものが視野の中に見える
  • かすんで見える
  • 視界の一部が見えなくなった
  • 光が見える
  • 片目が見えない

対処法

最も重要な症状は両眼複視(両眼でみて2重にみえる)ですが、眼の周りの痛みや腫れだけで気が付きにくいことがあります。疑わしい場合はCT検査にて診断を受けた方が良いでしょう。鼻を強くかむと、眼窩に空気が逆流して腫れが強まることがあるため避けましょう。特に小児の場合は、組織が骨折部に強く挟まることで神経反射を誘発し、嘔吐を繰り返すことがあり、早急に手術しなければ高度の後遺症をきたすことがあります。

近所の病院検索

網膜剥離の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士

診療科・専門領域

  • 眼科
【経歴】 2002年 大阪医科大学卒後、同大学眼科に所属し、眼科/眼形成再建外科専門医を志す 2007年 眼科専門医取得、大阪回生病院にて眼形成再建外科外来開設 2014年 大阪医科大学眼科/助教 2015年 カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 眼科/眼形成再建外科 国際フェロー 2020年 大阪医科大学眼科/講師准 2021年 兵庫医科大学眼科/非常勤講師、東邦大学医療センター佐倉病院/非常勤講師 2022年 眼形成再建外科専門:オキュロフェイシャルクリニック大阪院長
監修医師詳細