ユビー

加齢黄斑変性症
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師:
三村 真士(オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長)

かんたん3分(無料)

加齢黄斑変性症があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

加齢黄斑変性症について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
加齢黄斑変性症に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
加齢黄斑変性症に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

加齢黄斑変性症とは

網膜の中心部にあたる「黄斑」という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力が低下したり、ものの見え方に支障がでたりする病気です。加齢黄斑変性は年を重ねると誰にでも発症する可能性があります。発症リスクを高める原因として、喫煙や肥満、太陽光などがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 視界の一部が見えなくなった
  • 最近目が見えにくくなった
  • ものがゆがんで見える
  • かすんで見える
  • ものが暗く見える
  • 片目が見えない

進行後のリスク

物がゆがんで見える、中心が暗く見える、視力が低下する、などの症状があります。症状の進行が早いタイプ(滲出型)と遅いタイプ(萎縮型)が存在します。症状が片方の眼から現れることが多いため気づきにくく、また気づいても年齢のせいにしてそのままにしていることも少なくないですが、失明を引き起こす可能性がある病気として注意が必要です。

歪んで見えたり中心が暗く見える

対処法

症状の進行が早い滲出型では、慎重に病気の進展を見極め、レーザー治療、硝子体注射、硝子体手術などの治療法を行います。病気を早く見つけるためには、定期的な眼科検診が欠かせません。

近所の病院検索

加齢黄斑変性症の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

加齢黄斑変性症について、医師からのよくある質問

  • 前と比べ現在、視界の一部が見えなくなったと感じますか?
  • 最近目が見えにくくなったと感じますか?
  • 物が歪んで見えますか?
  • ものがかすんで見えますか?
  • 片目が見えない状態ですか?
監修医師の画像

監修医師

オキュロフェイシャルクリニック大阪 院長
三村 真士

診療科・専門領域

  • 眼科
【経歴】 2002年 大阪医科大学卒後、同大学眼科に所属し、眼科/眼形成再建外科専門医を志す 2007年 眼科専門医取得、大阪回生病院にて眼形成再建外科外来開設 2014年 大阪医科大学眼科/助教 2015年 カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 眼科/眼形成再建外科 国際フェロー 2020年 大阪医科大学眼科/講師准 2021年 兵庫医科大学眼科/非常勤講師、東邦大学医療センター佐倉病院/非常勤講師 2022年 眼形成再建外科専門:オキュロフェイシャルクリニック大阪院長
監修医師詳細