ubie logo

「加齢黄斑変性症」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

網膜の中心部にあたる「黄斑」という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力が低下したり、ものの見え方に支障がでたりする病気です。加齢黄斑変性は年を重ねると誰にでも発症する可能性があります。発症リスクを高める原因として、喫煙や肥満、太陽光などがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 視界の一部が見えなくなった
  • 最近目が見えにくくなった
  • 物の見え方がおかしい
  • ものがゆがんで見える
  • かすんで見える
  • 片目が見えない

対処法

症状の進行が早い滲出型では、慎重に病気の進展を見極め、レーザー治療、硝子体注射、硝子体手術などの治療法を行います。病気を早く見つけるためには、定期的な眼科検診が欠かせません。

「加齢黄斑変性症」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

加齢黄斑変性症と関連性のある病気

適切な診療科

加齢黄斑変性症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「加齢黄斑変性症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「加齢黄斑変性症」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/macular-degeneration-d186 #ユビーAI受診相談 #加齢黄斑変性症
テキストをコピー