「加齢黄斑変性症」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

加齢黄斑変性症

網膜の中心にある、最も視力に重要な”黄斑”の下に、加齢性変化のために血管膜ができてしまい、進行性に網膜下から網膜が傷害されていく病気です。進行していくと、中心が見えなくなってきます。また、血管膜が破綻すると出血性網膜剥離を引き起こして突然の視力低下につながることもあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 視界の一部が見えなくなった
  • 最近目が見えにくくなった
  • 物の見え方がおかしい
  • ものがゆがんで見える
  • かすんで見える
  • 片目が見えない

対処法

前兆となる網膜の病変を発見した場合には、慎重に病気の進展を見極め、場所とタイミングによって、レーザー治療、硝子体注射、硝子体手術を行う必要があります。これは専門医で眼底検査をしなければわかりませんので、定期的な眼底検診が必要です。予防としては、60歳以上の男性(女性に比べて約3倍多い)、喫煙、太陽光、西洋風の食事がリスク因子として考えられています。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
加齢黄斑変性症との関連性
受診すべき診療科
加齢黄斑変性症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「加齢黄斑変性症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

目がかすむ
視力が下がった
視界がおかしい
光を眩しく感じる
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医